Fandom


フォレスト・ガンプ/一期一会
Forrest Gump
監督 ロバート・ゼメキス
脚本 エリック・ロス
原作 ウィンストン・グルーム
製作
  • ウェンディ・フィネルマン
  • スティーヴ・ティッシュ
  • スティーヴ・スターキー
出演者
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ドン・バージェス
編集 アーサー・シュミット
配給
  • パラマウント映画 (USA)
  • UIP (JPN)
公開
  • 1994年7月6日 (USA)
  • 1995年3月11日 (JPN)
上映時間 142分
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000
興行収入
  • $330,252,182 (USA)
  • 677,945,399

フォレスト・ガンプ/一期一会』(原題:Forrest Gump)は、1994年公開のアメリカ映画。日本公開は95年で配給収入38億円のヒット作品。

タイトルの「フォレスト・ガンプ」は主人公の名前。「フォレスト」はクー・クラックス・クランの結成者として知られるネイサン・ベッドフォード・フォレストからの由来で、「ガンプ」(“gump”) はアラバマ州の方言で、「うすのろ」「間抜け」「愚か者」を意味する。

キャッチコピーは、劇中にセリフとしても登場する「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない(Life is like a box of chocolates. You never know what you’re gonna get.」。このセリフは、『アメリカ映画の名セリフベスト100』において第40位となっている。

概要 編集

1985年にウィンストン・グルームが発表した小説『フォレスト・ガンプ』をエリック・ロスが脚色して製作された映画。監督はロバート・ゼメキス、主演はトム・ハンクス

セリフ・名言編集

「ママがいつも言ってた。“人生はチョコレートの箱のようなもの。開けてみないと分からない”って」
―フォレスト・ガンプ[出典]


「ママはいつも言ってた。靴を見ればその人について分かるって。どこに行くか、どこから来たか」
―フォレスト・ガンプ[出典]


「ママはいつも分かるように説明してくれた。だから、僕にも理解することができた」
―フォレスト・ガンプ[出典]


「数年だって、ハンサムな青年は“キング”と呼ばれるようになった。歌もたくさん歌って、心臓発作かなにかで死んでしまった。“キング”って大変なんだろうな」
―フォレスト・ガンプ[出典]


「乗るの?」
―ドロシー・ハリス[出典]


「ママが言ってた。知らない人の車に乗っちゃいけないって」
―若いフォレスト・ガンプ[出典]


「学校行きのバスだよ」
―ドロシー・ハリス[出典]


「僕はフォレスト、フォレスト・ガンプ」
―若いフォレスト・ガンプ[出典]


「私はドロシー・ハリス」
―ドロシー[出典]


「じゃあ、もう知らない人じゃないね」
―若いフォレスト・ガンプ[出典]


字幕版編集

“フォレスト 止まれ”

大学では
フットボールの試合ばかり

“全米代表チーム”とかへ
入れられ—

合衆国の大統預に
会う事ができた

ケネディ大統預は全米代表
フットボール・チームを激励

大統預に招かれて
一番うれしかったのは食べ物

部屋中に食べ物と飲み物が
並べてあった

腹は減ってなかったけど
のどが渇いて—

それに無料だったので
“ドクター・ペッパー”を15本あけた

全米チームの気分は?

光栄です

全米チームの気分は?

最高です

全米チームの気分は?

最高です

おめでとう 気分は?

小便したい

“小便したい”そうだ

キャッチフレーズ編集

  • 1995年度アカデミー賞最有力作品
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。